×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

奪いたい




声を殺して
夜に泣いた
熱を 言葉を 諦めて

殺し続けた
僕の真ん中
温もりを帯びて 溢れ出す

かわいらしくお辞儀をひとつ
君のその
熱を 輪郭を 奪いたい


夜明けの足音
残酷な朝の気配
空の流れる音と
神様がセカイを洗う色で
目が覚めた












<<