×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

想いの花




見て
聞いて
香って
唇づけて
触れて
取り入れて

赤い赤い
音楽の脈に乗せて
つま先から
背中まで
愛おしさが這い回り、駆け巡る。

涙でも
言葉でも
歌でも
なんでもいいから。
どうか、想いが溢れてしまうまえに。
どうか、わたしが零れてしまうまえに。

だって、知っているでしょう。
そうでなければ
束ねた髪の毛の先から
想いの花でも咲いてしまいそうなことを。





<<