×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

lullaby





橙に焼け焦げてゆく空に
あたらしい名前を探して。
宵に鳴らした小さな踵を
知らない名前で呼んで。

あきれるほどの宵闇に灰を吹きかければ
すぐにでも、届くから。

わたしのすべてを捧げて。
いつか、すべてを忘れてゆけるように。










<<