×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






あきれるほどに 晴れ渡った 高い蒼の下
カミサマから 少しだけ逃げられる気のする 煙空の下
わたしの 心は いつも 乾いている

頭から浴びたような幸せも
  泪となって 身体からいつか溢れてしまうから
いつも
わたしは 乾いている

雨を呼ぼう
水を 水を
心を、潤して。

でもそれは カミサマの 泪なのかもしれない










<<