×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カッコウの巣




泡のような毎日を
拾いあつめていた
嘘の色
耳から痛む

あなたには
ほんのちいさな嘘
だったのかもしれない

けれど私は
セカイを秤にかけたその約束だけを
信じてきたの

カッコウの巣の中で
小指を数えて












<<