×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【 ito 】




もしもね   幸せの赤い絃があるなら
小指に結ぶだけじゃもう足りないの
唇に食んで這う私を  あなたは指に絡ませて手繰ってみせて
そうじゃなきゃ  絡まってしまうから  この絃に

この身体を這う  幾重もの命の絃が  今も刻んでいる
甘く拙いその手繰りが  今 私を紡いでる

優しい繭を紡いで  甘い胸の高鳴りを
抱えて  まあるく  目を閉じる

早く見つけて  手繰って  ねえ
ここまで触れて
羽根が目覚める  その前に










<<