×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

骨の蕊




わたしを
あなたを
組み立てている、この骨。

今にも音を立てて折れそうな細い手首が
こんなにも空を掴んで離さないのはきっと
幾重にも巡る果てのない螺旋の赤い絃と
繭のようなひとひらの皮膚のせいなのでしょうね。

着飾るよりも 彩るよりも
裸が美しいことを知っているあなたがやがて眠り、焼け果てた後 

それはそれは、美しいのでしょうね。










<<