×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Blue Bee Drops




絡み合う白い森は息を顰めて  踊るわたしを見つめてる
蒼い蒼いバラは泪を湛えて
赤い果実は零れて
差し出した指先に鮮やかな蝶がとまり
ひとひらの炎を灯していった
鳥の羽ばたきに振り向けば  音をなくした世界
ただ美しさだけ残して  空がどこかもわからなくて

真夜中に生まれたたて髪が
金色の風邪をまとって優しく走る  風邪を抜ける
蒼い泪を一粒運ぶミツバチは
せわしなく光を零して急ぐ

手を離したら  果てなく浮かんで
指をかざせば  たちまち沈んで
確かなんてどこにも聴こえなくても
この瞳が瞬くのは  きっとね
はらはらと時には私も泣くのでしょう
声を殺さなくても  もういいんだよ、ねえ
きっと ミツバチも眠る頃だから

指先で森をたぐって  楽譜でも紡いでみて
この目が終わるその時まで  私には聴こえているから










<<