×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

青い歓喜




いつしか
眠りつかれた僕は
花園に飽いていた
君の手を牽いた。


思いのほかセカイは
硝子細工のようだった。


繋いだ指先から
青い歓喜が流れ込んだんだ。





<<